Curiosity-blog
NCmark

Curiosity-blog

The showroom of natural curiosities, that are sounding my curiosity.
2013.01.12 Saturday 23:31

グラミーの卵は今

突然ですが問題です。
これは、誰でしょう・・・?
正解は、昨年6月に卵から孵った中の一匹です。
1番成長の良かった1匹を残して、他は熱帯魚屋さんに養子に出したのですが、半年ほど経った今、こ〜〜〜んなに大きくなりました。

↓↓↓・・・この中のどれか(笑)


立派な泡の巣だって作れます。

顔も黒くなり、今や自分の生みの親を誘惑する始末。
だってこの水槽、メスは1匹だけなんだもーん。

でもお母さんは純愛で、よぼよぼになったお父さんのことが今でも大好きなんです。もう年をとって巣だって作れないし、泳ぐのもちょっとふらふらなのに・・・
魚って意外に一途なところがあるんですね。

子孫繁栄や食欲だけじゃない!魚もちゃんと、色々考えている!

今まで、魚にそんな複雑な感情があるとは思っても見なかったのですが、飼ってみてはじめて気付かされたのでした。


2012.07.08 Sunday 16:56

グラミー三度目の産卵〜孵化後3週間目〜

ゴールデンハニードワーフグラミーの産卵について以前ブログを書きましたが、その後の近況についてお伝えします!

画像は孵化後、約3週間目の稚魚たちです。

ずいぶんと魚らしくなってきていますが、分かりますか?
おなかがオレンジ色になっているのは、えさにブラインシュリンプを食べているから。おなかがパンパンになるまで食べて、元気いっぱいです。

下の画像はえさになるブラインシュリンプをわかしているところ。
卵を塩水に浸けて孵します。
生き餌なのでとにかく食いつきが良く、栄養もたっぷり。

でも実はこの稚魚たち、3回目の産卵の子供たちなのです。
ここに至るまでにいろいろと試みたのですが、なかなかうまくいきませんでした。
酸素が通るよう穴あきのペットボトルにしたら穴から外に出てしまって他の魚に食べられたり、早く避難させすぎてうまく育たなかったり、稚魚用の人工餌を使って、食いつきが悪かったり・・・

というわけで、ここまで来れば、まずは一安心!?

ちなみに、お父さんとお母さんは相変わらず卵を産み続けています。
最近は10日に一回のペースで、すでに5回目の産卵をしました。さすがにもうお父さんの育児におまかせっていうことで・・・ (; ^ω^)


2012.06.09 Saturday 00:16

ハニードワーフグラミーの卵が孵りました!

産卵してから丸1日・・・ついにゴールデンハニードワーフグラミーの卵が孵りました ヽ(*´∀`)/
小さなオタマジャクシのような黒い稚魚・・・分かりますか?

しかし、お父さんの仕事はまだまだ終わりません。
稚魚はきちんと泳ぐことが出来ないので、すぐに沈んでしまいそうになります。お父さんはそれを口で拾い上げては、水草ベッドへ戻さなくてはなりません。

ペットボトルに避難させている方の稚魚も気になって仕方が無いお父さん↓

今はとにかく大事な時。
気が立ってイライラしているので、少しでも近づこうものなら・・・

こうなります

いつもは穏和で他の魚に攻撃なんてすることの無いグラミーですが、今や水槽の暴れん坊。小さな魚たちは行き場を失い、陰に身を寄せて暮らすようになってしまいました。

しかし、我が家の水槽の主、マスタードファントムプレコの「テンちゃん」だけは何事も無いかのようにどっしりと構えています。全長約10cm。たぶん、この世で自分が一番大きいと思っている、のんきなやつ・・・
ちなみに、模様がてんてんだから「テンちゃん」です (*'ヮ'*)ふふっ♪

2012.06.06 Wednesday 22:43

グラミーの卵

我が家のハニードワーフグラミーちゃんが、再び産卵しました。
お父さんグラミーは今回も子育てに専念中で、卵が落ちないように必死で泡を吹いて守っています。

しかし、いつもは仲のいいオス同士も卵が産まれたとなると話は別で、他人の遺伝子を残すまいとばかりに攻撃を仕掛けるのです。今回もちょっと目を離した隙を狙って、もう一匹のオスがパクリ!!!
怒りまくるお父さんグラミーですが、それでも飛び散った卵を1つ1つ大切に集め直し、子育てを再開。

そんな涙ぐましいドラマが繰り広げられていますが、前回の教訓を元に、実は旦那が半分ほど先に避難させていたのでした。

↓ペットボトルに穴をあけて水槽の水が流れるようにした避難所

うまく行けば明日には卵から孵っているはずです。
どうか、どうか、無事に孵りますように!


2012.04.30 Monday 09:57

グラミーの求愛行動

我が家のゴールデンハニードワーフグラミーが色めき立っています。

グラミーの仲間はオスが泡で巣を作り、そこにメスが産卵するらしいのですが、今回の泡巣は今までに無いくらい立派なものです。
この泡、どうやって出すのかは謎ですが、身を削る思いで作っているように見えます。出したくても簡単には出ないみたい・・・
これを作ったオスは婚姻色になり、メスに猛アピール!
(顔とおなかの下が黒くなっているのが婚姻色とのこと)
「見て!見て〜〜!!すごいでしょ!?早く産んでーー!!」と言わんばかりに、腹びれで泡巣を指す姿がとってもかわいいです。

が、しかし、なかなか相手にされません (´;ω;`)
オス2匹、メス1匹。モテモテのお姫様状態のメスは余裕です。
ど ち ら に し よ う か な ♪

翌日・・・
気付いたときには産卵が終わっていて、これをどう避難させるかと考えている間に、もう1匹のオスが卵の固まりをパクリッ!!! :(;゚∀゚)゚∀゚;): ヒィィィ─!

残った数個の卵を守るべく、必死で他の魚を追い払うオスのグラミーですが、だんだん消えて行く泡に卵が固定されず悲しい結末を迎えてしまったのでした。

頑張れ!グラミー!!

2012.03.17 Saturday 17:05

ウィローモス成長日記    〜お座布団編〜

こんにちは。3月ももう半ばだというのに寒いですね〜。

すっきりしないお天気の中、うちのダンナは何やらコツコツと制作しているようです。
これはいったい、何に使うのでしょうか???

お座布団がいっぱい出来上がりました。
でで〜〜ん w(゜o゜)w 
ダンナ曰く、「これにウィローモスを生やして水槽に敷き詰める!」のだそうです。
レイアウト自由自在の移動式ウィローモス絨毯!!壮大な計画がスタートしました。
園芸用ネットをカットして、砂利を入れ、テグスで縫い付けてパッキングしてあるのですが、砂利をふるいにかけてあるので、穴からはみ出しそうではみ出ない絶妙なサイズと分量になっています。そして几帳面に縫われた側面と真ん中のポッチ、この重量感。正にワンランク上のお座布団と言えるでしょう・・・。 

ウィローモスのトリミングに合わせて少しずつ増量していくので、まだまだこれからですが、とりあえずお座布団を1枚投入しました。
座り心地はいかがでしょうか〜???

おまけ
トリミング時にエビ用のマンションを取り出したら、小エビがうじゃうじゃ生まれていました!!びっくり。



2012.02.11 Saturday 23:21

ウィローモス成長日記    〜株分け編〜

ウィローモスを購入してから2ヶ月。
やっと少しのびてきたところを、成長促進のためばっさりトリミングしました。
情けない姿・・・大丈夫かな?これ。

もったいないのでカットしたモスたちを流木にくっつけて、テグスをまきまき。なんだか申し訳程度の量しかないのですが、これで良いみたいです。そして、園芸用では絶対の信頼を置いているメネデール(発根促進剤)を薄めた水に、恐る恐る浸けてみました。

うまく行けば活着までだいたい1ヶ月くらいとのことですが、はたしてちゃんと成長してくれるでしょうか? (*'д'*)

<<new | 1 / 1pages | old>>
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

Copyright © Tomoko Ishida & I+Ddirection All Rights Reserved.