Curiosity-blog
NCmark

Curiosity-blog

The showroom of natural curiosities, that are sounding my curiosity.
2013.01.12 Saturday 23:31

グラミーの卵は今

突然ですが問題です。
これは、誰でしょう・・・?
正解は、昨年6月に卵から孵った中の一匹です。
1番成長の良かった1匹を残して、他は熱帯魚屋さんに養子に出したのですが、半年ほど経った今、こ〜〜〜んなに大きくなりました。

↓↓↓・・・この中のどれか(笑)


立派な泡の巣だって作れます。

顔も黒くなり、今や自分の生みの親を誘惑する始末。
だってこの水槽、メスは1匹だけなんだもーん。

でもお母さんは純愛で、よぼよぼになったお父さんのことが今でも大好きなんです。もう年をとって巣だって作れないし、泳ぐのもちょっとふらふらなのに・・・
魚って意外に一途なところがあるんですね。

子孫繁栄や食欲だけじゃない!魚もちゃんと、色々考えている!

今まで、魚にそんな複雑な感情があるとは思っても見なかったのですが、飼ってみてはじめて気付かされたのでした。


Comment:
2013/01/17 1:30 PM, まあちゃん wrote:
こんにちは^^
すごいですねぇ〜卵が孵ったの?
この小さい団体!?可愛いっ*^−^*
なんだか昔めだかを飼っていた事を思い出しましたよぉ〜
お魚さんの一途さってすごいですね!!
見習わなくてはいけませんね^^;
2013/01/17 11:03 PM, トモエフスキー wrote:
まあちゃんさん
めだかを飼っていたのですね!
めだかの卵はどんどん増えそうですね〜。
この魚は卵を隔離しないと育たないので、旦那が必死で管理していました。(水槽は旦那の管轄なのです笑)
魚って、飼ってみるとそれぞれ性格が違ってかわいいです。

Add a comment:









Trackback:
http://curiosity-blog.id-direction.com/trackback/54
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

Copyright © Tomoko Ishida & I+Ddirection All Rights Reserved.